​・・

botoxvista.jpg

​ボトックスで自然なハリ感とシワ予防

透明nonface.png

​ボトックスで自然なハリ感とシワ予防

ボトックス注射は過剰な筋肉の働きを弱めることで表情じわを改善し目立たなくさせる効果があります。眉間、エラやおでこ(額)、目尻の表情じわの改善やエラの筋肉を縮小し小顔効果や、表面に打つことで細かい小じわの改善にも期待できます。またわきや手、足の裏の多汗症の改善や、ふくらはぎの筋肉の縮小にも効果が期待できます。

ボトックス(筋肉縮小剤) しわ取り 注射はこの10年の美容医療でもっとも多くの方が受けている治療です。統計では全世界で1年に460万人がこの治療を体験しており、治療の有効性がとても高い治療となります。安全性が高くて効果も安定しており、個人差の出にくい治療です。

​ボトックス注射とは

ボトックスは、ボツリヌス菌から抽出したA型ボツリヌス毒素(天然のタンパク質)は神経伝達物質の分泌を抑え、緊張している筋肉の働き掛ける作用があります。もとの成分は非常に毒性が強いため誤解を呼ぶことがありますが、加工した後にアルブミンなどの成分も加えて人体に悪影響が出ないよう調整されたものです。
20年以上前から、眼科、小児科、整形外科でも使用される薬で厚生労働省も認可をしているため、製剤そのものは極めて安全性が高いものと言えるでしょう。ボツリヌス注射は、表情ジワの原因となる表情筋の過剰な筋肉の収縮を抑え、眉間の縦ジワや額の横ジワ、目尻のシワを目立たなくしたり、エラの張り、小顔治療、肩こり治療などに使用されています。

A型ボツリヌス毒素は、末梢の神経筋接合部において神経終末からのアセチルコリンの分泌を抑えることで神経筋伝達を抑制し、筋弛緩作用を示します。筋肉の動きを止めてしわを軽減したり、発汗を抑えることができたり、多様な用途があります。

当院が使用するアラガン社のボトックスビスタは、シワの治療の用途に日本で唯一厚生労働省より2009年に承認を取得したものです。
治療技術や製剤の取り扱いや関連知識などを習得する講習を受講し、資格を取得した医師のみ使用できるものとなっています。(アラガン社のボトックスビスタは、現在、70カ国以上で承認され、その安全性や効果は確立されています。)
施術時間も短く、すぐにお化粧もしていただけるため忙しい方にも人気の施術です。

​ボトックス注射で出来ること

ボトックス注射は表情筋の収縮、拘縮を弛緩させる作用により筋肉の働きを弱め、眉間や目尻、おでこ(額)などの「表情ジワ」の改善に期待できます。

 

眉間のシワ、おでこのシワ、目尻のシワなど表情ジワができる原因

表情ジワとは眉を寄せたり、眉毛を上げたり、笑ったりなどの表情を作る際に、筋肉を動かすことで眉間やおでこ、目尻などにできるシワです。表情をつくる筋肉は、同じような緊張を繰り返しているため、加齢に伴って皮膚が薄くなり、弾力がなくなってくると、深く刻まれるようになります。

透明nonface.png

シワの治療

シワは筋肉の動きにより、皮膚に折り目がついてできます。注射した部分の筋肉の動きを抑えることにより、皮膚にシワが寄るのを防ぎます。今ある表情ジワや小ジワはもちろん、これからシワができるのを予防することもできます。額、眉間、目尻、顔をクシャっとしたときに目頭から鼻の上に斜めにできるバニーラインのシワ改善に効果的です。また、すべてのシワをとろうとすると逆にたるみを感じるようになってしまう恐れや、表情筋が弱まり無表情になってしまう可能性があります。いつまでも素敵な表情でお過ごしいただけるよう、自然なシワは残すなど、カウンセリングにて表情作りのお悩みを一緒に解決していきます。

あごの治療

あごの筋肉(オトガイ筋)に力が入っていると、梅干のようにシワが入ったり、あごが平たくなったりします。ボトックス注射によって、オトガイ筋の力をなくしていくことで、緊張がとれてあご先が出てくることにより、シャープで綺麗な輪郭を保てることに繋がります。口を閉じる時にいつもあごに力が入ってシワが寄ってしまう方にお勧めの施術です。

エラの治療

食べ物の咀嚼などで発達してしまったエラ部分の咬筋(こうきん)にボトックス注射することで、緊張したエラをほっそりさせ、角ばった輪郭を改善することができます。エラが張っている方や下膨れだと自分で思っている方の多くは、実は骨の形を変えなくても(=骨削りなどしなくても)、咬筋にボトックス注射を行うことでほっそりさせることができます。エラの張った方は咬筋もしっかり発達していますので、咬筋のちからコブがなくなるだけで小顔効果が得られます。咬筋ボトックスは定期的に施術することで咬筋の筋線維が細くなり、エラ部分の筋肉のコブが目立たなくなります。その後は施術をたまに受けるだけで小顔効果を継続させることができます。

フェイスラインの治療

頬にお肉がつきやすい下膨れタイプの方も、ボトックス注射でスッキリとしたフェイスラインにすることができます。元々の顔の形で遺伝だからと諦めていた方も、実は筋肉の発達により下ぶくれを目立たせてしまっていることが多いため、頬の筋肉にボトックス注射を打つことでシャープなフェイスラインへ導きます。効果が現れ方は個人差がありますので、カウンセリングの際に筋肉の大きさをチェックして、効果が出やすいかを診断します。

​ボトックス注射とは

ボトックスは、ボツリヌス菌から抽出したA型ボツリヌス毒素(天然のタンパク質)は神経伝達物質の分泌を抑え、緊張している筋肉の働き掛ける作用があります。もとの成分は非常に毒性が強いため誤解を呼ぶことがありますが、加工した後にアルブミンなどの成分も加えて人体に悪影響が出ないよう調整されたものです。
20年以上前から、眼科、小児科、整形外科でも使用される薬で厚生労働省も認可をしているため、製剤そのものは極めて安全性が高いものと言えるでしょう。ボツリヌス注射は、表情ジワの原因となる表情筋の過剰な筋肉の収縮を抑え、眉間の縦ジワや額の横ジワ、目尻のシワを目立たなくしたり、エラの張り、小顔治療、肩こり治療などに使用されています。

A型ボツリヌス毒素は、末梢の神経筋接合部において神経終末からのアセチルコリンの分泌を抑えることで神経筋伝達を抑制し、筋弛緩作用を示します。筋肉の動きを止めてしわを軽減したり、発汗を抑えることができたり、多様な用途があります。

当院が使用するアラガン社のボトックスビスタは、シワの治療の用途に日本で唯一厚生労働省より2009年に承認を取得したものです。
治療技術や製剤の取り扱いや関連知識などを習得する講習を受講し、資格を取得した医師のみ使用できるものとなっています。(アラガン社のボトックスビスタは、現在、70カ国以上で承認され、その安全性や効果は確立されています。)
施術時間も短く、すぐにお化粧もしていただけるため忙しい方にも人気の施術です。

​ボトックス注射で出来ること

ボトックス注射は表情筋の収縮、拘縮を弛緩させる作用により筋肉の働きを弱め、眉間や目尻、おでこ(額)などの「表情ジワ」の改善に期待できます。

 

眉間のシワ、おでこのシワ、目尻のシワなど表情ジワができる原因

表情ジワとは眉を寄せたり、眉毛を上げたり、笑ったりなどの表情を作る際に、筋肉を動かすことで眉間やおでこ、目尻などにできるシワです。表情をつくる筋肉は、同じような緊張を繰り返しているため、加齢に伴って皮膚が薄くなり、弾力がなくなってくると、深く刻まれるようになります。

透明nonface.png

あごの治療

フェイスラインの治療

口角の治療

しわの治療

ボトックスリフトの治療

シワの治療

シワは筋肉の動きにより、皮膚に折り目がついてできます。注射した部分の筋肉の動きを抑えることにより、皮膚にシワが寄るのを防ぎます。今ある表情ジワや小ジワはもちろん、これからシワができるのを予防することもできます。額、眉間、目尻、顔をクシャっとしたときに目頭から鼻の上に斜めにできるバニーラインのシワ改善に効果的です。また、すべてのシワをとろうとすると逆にたるみを感じるようになってしまう恐れや、表情筋が弱まり無表情になってしまう可能性があります。いつまでも素敵な表情でお過ごしいただけるよう、自然なシワは残すなど、カウンセリングにて表情作りのお悩みを一緒に解決していきます。

あごの治療

あごの筋肉(オトガイ筋)に力が入っていると、梅干のようにシワが入ったり、あごが平たくなったりします。ボトックス注射によって、オトガイ筋の力をなくしていくことで、緊張がとれてあご先が出てくることにより、シャープで綺麗な輪郭を保てることに繋がります。口を閉じる時にいつもあごに力が入ってシワが寄ってしまう方にお勧めの施術です。

エラの治療

食べ物の咀嚼などで発達してしまったエラ部分の咬筋(こうきん)にボトックス注射することで、緊張したエラをほっそりさせ、角ばった輪郭を改善することができます。エラが張っている方や下膨れだと自分で思っている方の多くは、実は骨の形を変えなくても(=骨削りなどしなくても)、咬筋にボトックス注射を行うことでほっそりさせることができます。エラの張った方は咬筋もしっかり発達していますので、咬筋のちからコブがなくなるだけで小顔効果が得られます。咬筋ボトックスは定期的に施術することで咬筋の筋線維が細くなり、エラ部分の筋肉のコブが目立たなくなります。その後は施術をたまに受けるだけで小顔効果を継続させることができます。

フェイスラインの治療

頬にお肉がつきやすい下膨れタイプの方も、ボトックス注射でスッキリとしたフェイスラインにすることができます。元々の顔の形で遺伝だからと諦めていた方も、実は筋肉の発達により下ぶくれを目立たせてしまっていることが多いため、頬の筋肉にボトックス注射を打つことでシャープなフェイスラインへ導きます。効果が現れ方は個人差がありますので、カウンセリングの際に筋肉の大きさをチェックして、効果が出やすいかを診断します。

たるみの治療

ボトックスを皮膚の浅いところに注射するマイクロボトックスリフトという治療方法があります。筋肉全体ではなく、筋肉の表面繊維だけの働きを抑えることによって、目の下のたるみのリフトアップや、顎から首にかけてのたるみ、ほうれい線まわりのたるみ改善に効果的です。

口角ボトックスの治療

口角が下がっていると、不機嫌に見られてしまうことがあったり、好印象から遠ざかってしまいます。年齢とともに口角を持ちあげる筋肉も弱まってきてしまうので、口角も下がってきてしまいます。口角ボトックスでは、口角が下がらないように口角を下に引っ張る筋肉の力を弱めて、自然と口角が上がるようにすることで、やさしい印象の表情に導きます。

ボトックスリフト

通常のボトックス注射は、表情筋にボトックスを注入して深いしわの改善、エラの縮小などを図ります。 それに対し、ボトックスリフトは、ボトックス製剤を皮膚の浅い層に注入することにより、引き締め効果や首の浅い横じわの改善などの、ボトックス注射とは異なるアプローチをします。
適用部位はフェイスラインと首で、顔を下に引っ張る筋肉(広頚筋)の動きを抑えてフェイスラインからネックラインにかけて引き締め、キュッとした小顔を目指します。

効果は2週間後から徐々に現れ、3~6ヶ月ほど持続します。

< ボトックス施術の流れ >

カウンセリング

患者様の希望やお悩みを伺い、最適な治療を提案します。
治療に関して、疑問・ご不安がございましたらご遠慮なくおっしゃってください。

洗顔・写真撮影・クーリング

注入部位にメイクをしている場合は、洗顔をしていただきます。施術前のお写真を記録します。施術部位を冷却します。

​マーキング・ボトックス注入

施術によっては、お顔にマーキングをし、ご希望部位にボトックスを注入します。(約30~45分)

​終了

ダウンタイムはほとんどありません。治療後はフルメイクが可能です。

​2週間後の経過観察をしております。

禁忌事項

以下に該当する方は、施術をお受けいただくことができません。

・妊娠中、授乳中の方、妊娠を希望されている方
・過去にボトックスビスタでアレルギーを起こしたことがある方

※治療当日の飲酒や激しい運動など血流を良くすることは、内出血のリスクを増大させますのでお控えいただいております。
その他、疾患がある方も治療が受けることができない事がございます。

副作用・施術後の注意点

・注射部位の痛み、腫れ、内出血、赤み、倦怠感、表情の強張り、筋力低下など

・注射による腫れや赤みが生じることがありますが、数日で消退していきます。

・感染防止の為注射部位を揉んだり、強くこすったりしないでください。

・注射部位に腫れ、赤み、内出血が生じることがありますが2~5日程度で治まります。

・治療当日は飲酒や激しい運動、サウナ、長めの入浴はお避け下さい。

ボトックス施術料金のご案内

botoxvista.jpg

アラガン社の「ボトックスビスタ®」は、シワの治療の用途に日本で唯一厚生労働省より2009年に承認を取得したものです。日本の基準での有用性・安全性が評価され、厳しく品質管理されています。ボトックスビスタは施術後3日後くらいから徐々に効果を感じ、2週間ほどでピークになり、効果は4~6ヶ月ほど持続します。

当院では安全性の高いボトックスビスタのみ使用しています

透明nonface.png

眉間:10から25単位
​額 :16から30単位 
目尻:  6から10単位
あご:  8
から20単位
エラ:20から40単位

 

​施術の参考単位

※お一人おひとりの症状により単位数は変わってきます。
※担当医師の診察にて適切な単位数を診断致します。

スクリーンショット 2022-09-15 9.45.24.png
botoxvista.jpg

よくある質問

部位によって痛みの強さは異なります。目尻や唇周辺の治療は痛みを感じる方が多いですが、いずれにしろ我慢ができる程度の痛みです。

​施術する際はアイシングをしっかりと行うことで痛みを軽減できます。痛みに関してはそんなに心配しなくても大丈夫です!

ボトックスの効果は、3~6か月で効果がなくなってきますが、回数を重ねる毎に効果の持続期間は延びてきます。ボトックス治療を継続すると筋肉が萎縮していくため、ボトックスを打たなくても表情じわの動きが弱い状態になってきます。

ボトックス注射は定期的に繰り返すことがおすすめされますが、治療間隔は最低3ヶ月は空けることをおすすめします。あまりに反復してボトックスを大量に使用していると、体の中に抗体が出るため、ボトックスが効きにくくなるとされています。

特に額や目尻、眉間などの表情じわの改善に効果が期待できます。

痛みやダウンタイムはありますか?

ボトックス注射は打ち続けないといけないのですか?

ボトックス注射は短期間に繰り返した方がいいのですか?

ボトックス注射はどんなしわに効果がありますか?