​ピアス

shutterstock_87919705_edited_edited_edited.png
course_img01.png
course_img01.png
course_img01.png

医療機関で安心・安全のピアシング。

スクリーンショット 2022-09-24 2.01.58.png
W14889BL-1-280d-29M9.jpg
W14889BL-1-280d-29M9.jpg
W14889BL-1-280d-29M9.jpg
W14889BL-1-280d-29M9.jpg
透明nonface.png
course_img01.png
W14889BL-1-280d-29M9.jpg

医療機関で安心・安全のピアシング。

当院では、医療用のピアスガンを使用し、清潔な環境の中、安全にまっすぐでキレイなピアス穴を一瞬で開けることが可能です。ピアスガンを使うことで穴開けと同時に清潔なファーストピアスが装着されます。痛みも一瞬で済みますので、ご安心下さい。また、ボディーピアスをご希望の方にはニードルを用いて、局所麻酔をしてからの施術も行っています。

ピアスが綺麗に見えるよう、​ピアスの穴の位置にこだわります。

ピアスは、耳たぶの真ん中より少し下寄りに穴を開けた方が上品で美しく見えます。当院では、ピアシングする位置にとてもこだわっています。患者さんと位置を確認し、丁寧なカウンセリングの上でピアッシングを行っております。またコンステレーションピアッシングなどの複雑なデザインニングもおこなっていますので、ご興味のある方はカウンセリングにいらして下さい。

炎症やトラブルが心配。

当病院では医療用具として滅菌されたピアスをファーストピアスをご用意しております。アレルギーなどが心配の方はチタン製ピアスもありますので、お気軽にご相談下さい。清潔な状態でピアッシングを行いますが、体質により、炎症や化膿が起きてしまうこともありますが、際も医療機関ですので、きちんと対応ができますので、​ご安心下さい。

鼻やおへそなどのボディーピアスをあけたい。

ニードルを用いてボデイーピアッシングも行っております。へそ・下・唇・軟骨などご希望の箇所にピアシングを行っています。

箇所によっては、麻酔をしておこなっています。また、軟骨のピアシングに関しましては、他のピアッシングに比べて、ピアスの穴の完成に時間がかかり、膿んだり晴れることが多いのも軟骨ピアスの特徴です。軟骨にピアスを開ける際は、そういった副作用があることにご注意下さい。もちろんそういった際は、医療機関ですので、すぐに適切なお薬の処方をしますので、ご相談下さい。

コンステレーション・ピアッシングをしたい。

海外で人気なコンステレーション・ピアッシング。海外セレブの影響もあり、今、アメリカやヨーロッパでは、ピアスを複雑にデザインして開けることで、ディメンショナルなデザインを楽しむ人が増えています。ガチャガチャしてクドくなりがちなイメージですが、繊細なピアスや小ぶりなピアスを組み合わせると、上品でオシャレです。当院では、そういったニーズにもお答えできるよう、海外からコンステレーション・ピアッシング用のピアスを買付担当がセレクトし、シンプルで上品なピアスを多数取り寄せています。​日本ではまだ手に入らない、シンプルで上品なデザインを多数入荷していますので、ご興味のある方はぜひカウンセリングにいらして下さい。

< ピアス施術の流れ >

カウンセリング

金属アレルギーの有無や耳たぶの厚みなどを診察の上、ファーストピアスを決め、お好みのピアス位置・きれいに見えるピアス位置を検討し、穴開け(ピアスホール)の位置を決めていきます。

ピアッシング

マーキングした位置を消毒し、専用のピアッサーで穴開けとピアスの装着を同時に行います。耳たぶへのピアス穴開けは、ほぼ一瞬で完了します。穴あけ後はしばらくホールの周囲に赤みが出たり、ジンジンした痛みを感じることがありますがしばらくすると落ち着き、徐々になくなります。ボディーピアスに関しましては、麻酔をおこなってからニードルにてピアッシングを行います。

​アフターケア

消毒薬をお渡ししますので、毎晩1回、塗布し清潔に保ちます。詳しい消毒方法は施術後に詳しくご説明いたしますのでご安心ください。当日から入浴が可能です。軟骨ピアスをされた方は、膿んだり晴れたりする事が起きやすいので​、消毒とアフターケアは入念に行って下さい。もし膿んだり晴れたりした場合は、受診して下さい。

注意事項

以下に該当する方は、ご相談ください。

​・金属アレルギーのある方

・以前ピアスを開けた際に肉芽ができたり、膿んで穴が完成しなかった方。

未成年の方のピアッシング

18歳未満の方は必ず保護者の方の同意書をお持ち下さい。

ピアス施術料金のご案内

当院では医療用具として厚生省の認可のおりている滅菌されたファーストピアスをご用意しております。アレルギーなどが心配の方はチタン製ピアスもありますので、お気軽にご相談下さい。ファーストピアスをご利用の方の施術料金は以下のリストの通りとなります。またインポートの18Kコンステレーションピアスやボディーピアスは一部、別途ピアス代がかかるものもありますので、カウンセリング時にお問い合わせください。また18歳未満の未成年の方は必ず保護者の同意書が必要になりますのでご注意下さい。

スクリーンショット 2022-09-24 19.44.57.png

よくある質問

海外ですと、普通にお店で定員さんにピアスを開けてもらうのが一般的ですが、日本では何故かピアスの穴開けは医療行為のくくりになっています。ご自身で開ける方もいらっしゃるので、基本的にはどちらでもいいのではないかと思うのですが、副作用として化膿したり、腫れたりする方が一定の割合で必ずいらっしゃるので、心配な方は感染予防の処置を受けられるた病院で開けるのが一番安心かもしれません。

​軟骨やボディーピアスなどは、痛いので、麻酔を使えるというメリットがあります。

耳たぶはあまり痛くないと思います。穴を開けるわけですから、ちょっとは痛いです。​軟骨ピアスは耳たぶより痛かったとおっしゃる方がいらっしゃいます。ボディーピアスの場合は麻酔をしてしまえば無痛です。少しの痛みなので「オシャレのため」と思って頑張りましょう。

ピアスを開けて最初に装着するのがファーストピアスです。
通常よりも軸が太いものになり、このファーストピアスでピアスホールを作っていきます。しばらくしてピアスホールが安定し、この次に装着するのがセカンドピアスになります。

耳たぶですと約1.5ヶ月、軟骨ですと約4,5ヶ月、ボディーピアスですと約4~6ヶ月程度、ホールが安定するのに時間がかかります。その間、ファーストピアスは取り外さず、装着したまま過ごして下さい。安定したらセカンドピアスに取り替えていただきます。軟骨ピアスは穴の完成までかなり不安定な場合が多く、腫れたり膿んだりを繰り返す方が他の箇所に比べて一定の割合でいらっしゃいます。そういった症状が出た場合は、速やかに受診して下さい。

当病院では医療用のファーストピアスをご用意しております。また耳たぶの厚い方にも対応できるロングタイプや金属アレルギーの方にも使えるチタンタイプなど取り揃えておりますので、ご相談下さい。

施術後に膿んだりなどの問題が無い限り、通院は必要ありません。

約1ヶ月間は、ケアを1日1回おこないます。ファーストピアスはつけたままで、ピアスホールとその周りを毎日のシャワーでよく洗って、汚れや垢を溜めないようにしましょう。汚れれを落としたあと消毒してください。当院おすすめのピアス用ジェルタイプの消毒を購入された方は、お渡しする説明書に従ってケアしてください。

ホールが安定するまでご自分で付け替えるのは控えて下さい。膿んだり化膿したりする原因になります。

しこりが残っている場合は、同じ位置に行うのは難しいことがあります。ご相談下さい。

おそらく、化膿して炎症が起きている状態だと考えられます。抗生物質の内服や、外用の指示をさせていただきます。早めにご相談下さい。

耳たぶはもちろんのこと、当院ではニードルを使って軟骨や、鼻・唇・へそなどご希望部位にピアッシングが可能です。​耳に関しては、以下を御覧いただき、参考にしてください。ヘリックスなど、箇所によっては、ちょっとハードに見えますが、華奢で繊細なピアスを組み合わせると大人でもとても上品な雰囲気になります。

スクリーンショット 2022-09-23 15.46.46.png

病院とショップで開けるピアスに違いはありますか?

ピアスの穴開けは痛いですか?

ファーストピアス、セカンドピアスって何ですか?

ホール完成までどのくらいかかりますか?

アレルギー体質ですが大丈夫でしょうか?

ピアスを開けた場合、通院は必要ですか?

穴開け後の消毒は必要ありますか?注意することはありますか?

穴開けした後、直ぐに自分で買ったピアスに付け替えたいのですが…

以前あけたピアスホールにしこりが出来ていますが、同じところにピアッシング可能ですか?

ピアスの穴開け後、赤く腫れ上がって痛みがあります。どうすればいいですか?

どこにピアスができますか?