年相応のしわ・たるみはあっていい。

だけど自然なはりは、やっぱり欲しい。

​・・

透明nonface.png

しわ・たるみの原因から考えた

できるだけ自然なうるおい素肌に導きます

しわ・たるみは、気が付くといつのまにか出来ているものです。

​そして個人的にはシワやたるみは年相応に合ったほうが良いと思っていますので、パーンと不自然に張った人工的なお肌にする治療は行っておりません。ある程度のシワやたるみは年齢を重ねていく上で自然なことですし、不自然に張っているお肌よりも、その人らしさがでて、むしろ魅力的だと思います。

しわは笑う、怒る、泣くなどの表情の動きによって目立つようになってきます。また、目のまわりは皮膚自体が薄いため、20代前半から細かいしわが現れれてきます。これらの小さなしわは年齢と共に大きく深いしわへ、しわからたるみへと変わります。
たるみと一言で言っても、加齢に伴って肉を支えている筋肉が弱くなることでできたたるみ、肌を支えているコラーゲンやエラスチンなどが加齢とともに減ってできたたるみ、顔に脂肪が増えてできたたるみがあります。
当院では、たるみの種類に合わせて、安全性が高く、できるだけ自然な感じを大切にしつつ、年相応な形を残しながら医療の手を少し加える事で、その効果をできるだけ持続させるしわ・たるみ治療を行っています。お一人お一人の肌の状態に合わせて、肌本来の美しさを引き出せるよう最適な方法をご提案いたします。

しわ・たるみの肌の状態

スクリーンショット 2021-08-05 17.58.18.png

弾力やハリがある皮膚は角質層の保水力が十分にありますが、加齢、紫外線、乾燥など様々な原因で保水力が低下するとバランスが崩れてきます。皮膚の弾力・ハリは加齢に伴って保つことが難しくなってきます。

  • 真皮層のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などが減って皮下の構造を支えられなくなる

  • 皮膚の弾力・ハリの低下によって皮膚が緩みやすく、伸びやすくなる

  • 外的要因(重力、紫外線、摩擦など)によってダメージを受けやすくなる

たるみの原因には脂肪の減少もあります。皮下組織は、コラーゲン、エラスチンに支えられ、繊維芽脂肪が “ハリ”を与えています。しかし加齢に伴って老化が進むと弾力・ハリが低下するので、その重みを支えられなくなり、重力に負けて垂れてきます。上まぶたのたるみ、下まぶたのふくらみ、頬やあごのたるみとなります。
老化によるたるみは、皮膚の劣化、筋肉の萎縮、脂肪の下垂を伴う、肌の構造の崩れとなるので、脂肪の多い人はその脂肪の重みで頬やあごのたるみが目立つようになり、脂肪の少ない人は肌がくぼんでくるようなたるみが目立つようになります。

シワの原因

紫外線

お肌の老化の原因の紫外線。肌の真皮にあるコラーゲンやエラスチンが紫外線で破壊されると、コラーゲンやエラスチンを生成する線維芽細胞も紫外線の影響で衰えるようになってくると、しわが現れてきます。

​加齢

表情筋の動き

眉間のしわや目尻のしわ、目の下のしわ、笑ったり、怒ったりする時にできるしわは、加齢に伴って戻らなくなり深く刻まれるようになります。

女性ホルモンの減少

女性ホルモンは皮膚の弾力を支えるコラーゲンやエラスチンやヒアルロン酸の生成に重要な関わりがあります。20代~30代前半以降、徐々に減少してきます。50代前後の閉経するころには大きく減少します。

乾燥、抵抗力の減少

皮膚は乾燥すると、角質層の表面が乾いて剥がれて、表皮の水分が蒸発します。乾燥は肌の水分保持力の低下させます。水分を失った皮膚は薄く硬くなり、加齢と共に保湿力の落ちた肌は、しわが出来やすくなります。

たるみの原因

皮膚の緩み

紫外線や大気汚染などによるストレスがかかると、活性酸素と呼ばれる老化を加速する物質が肌の中に生じます。
肌のハリを保つコラーゲンは破壊され、新たなコラーゲンが作られにくくなります。

また若い頃と比べ、肌細胞を正確に産生する能力も衰えるため、肌そのものが脆弱になりがちになっていくので、皮膚が脂肪などの組織を支えきれず、重力に負けてたるんでしまいます。

●顔全体のたるみ、頬のたるみなど

皮下脂肪によるたるみ

食事や生活習慣の乱れなどにより、お顔の皮下脂肪が増えると、皮膚が支えきれなくなり、たるみやすくなってしまいます。
また、加齢により代謝が落ちるのでお顔も脂肪が増えやすくなります。

 

●二重あご、顔の膨らみなど

筋肉の緩み

加齢により顔の表情筋が衰えると、その上の脂肪や皮膚を支えにくくなり、たるみを引き起こします。
筋肉の衰えによるたるみには、肌内部の筋膜まで働きかけることが重要です。

●目の下のたるみ、ほうれい線のたるみ、フェイスラインのたるみなど

年齢と共に皮膚は薄くなり、乾燥しやすくなり、コラーゲンやエラスチンが減少し肌に弾力がなくなります。コラーゲン、エラスチンの減少と変質によって、しわ、たるみを引き起こされます。

しわ・たるみの治療

個人的には、不自然に張ったお肌よりも、年相応のシワとたるみがある方が魅力的だと思っているので、シワ・たるみに関しては過度な治療はお勧め出来ません。ある程度のシワやたるみは年齢を重ねていく上で自然なことですし、シワやたるみは人を魅力的に見せてくれます。当院では、たるみの種類に合わせて、安全性が高く、できるだけ自然な感じを大切にしつつ、年相応なニュアンスを残しながら医療の手を少し加える事で、効果をできるだけ持続させるしわ・たるみ治療を行っています。お一人お一人の肌の状態に合わせて、肌本来の美しさを引き出せるよう最適な方法をご提案いたします。

 

治療方法

 

ボトックス

 

スペクトラピール

ZO SKIN HEALTH

ヒーライトLED治療

デュアルピール

​プラセンタ